小野写真館とは、こだわりの衣装・ヘアメイク・着付けまでのすべてをそろえたトータルフォトスタジオです。

七五三

  1. HOME > 
  2. 七五三 > 
  3. 七五三豆知識

七五三豆知識

七五三とは?

3歳は髪を伸ばす「髪置」、5歳は初めて袴を着る「袴着」、7歳は大人の着物の装いをする「帯解・紐落」の名残で始まった行事。関東が発祥で全国に広まったと言われています。

昔は病気などが多く、乳幼児の生存を祝う節目として定着しました。

七五三撮影は前撮りが主流!

最近の七五三は前撮りをする方がほとんどなんです!お子様の成長の記念として、お着物での撮影はお子様はもちろん、ご家族様みなさんの記念です。せっかくかわいいお衣装を着たのだから、1人の写真も、ご家族の写真もいろいろ残したいですよね!お着物だけでなくドレスなどの様相も素敵!お詣りもお写真も両方とも素敵な思い出にするためには、「前撮り」がオススメ。日にちを分けることで、撮影で疲れすぎてお詣りのときにはグッタリ。なんてことを防げちゃいます!日焼けをする夏休み前の前撮りがオススメです。

七五三の数えでも満でもOK!

昔は数えでお祝いしていましたが、今はお子様の体の大きさに合わせてやるご家庭が多いです。

家族みんなで着物が着られる!

小野写真館には、お父様・お母様用のお着物もございます。お子様のお衣装とお揃いのものもあるので、ぜひご試着ください。

→ 七五三家族写真
→ 七五三家族写真ギャラリー

七五三と六曜って関係してるの?

七五三のお参りなどで、大安や仏滅などの六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の日柄を気にされる方もいらっしゃると思います。七五三と六曜はあまり関係がなく、最近は気にしないという方も多くいらっしゃいます。むしろ11月の七五三のお参りの時期でも土日祝日のお休みを中心に日程を組まれるご家族の方が多いでしょう。これはご両親ともに働かれているご家庭も多く、また神社へのお参りでは祖父母・親族なども集まるため、一同に集まれる休日をご利用するという考え方が中心だからです。仏滅であっても土日休日であれば、お参りを行うというご家族も多くいらっしゃいます。

七五三で、親の服装は何がいいの?

七五三に付き添う両親の格好は、控えめなものとします。母親は和装、洋装の場合があり、和装の場合、色無地や付け下げなど控えめでかつ、清楚な感じのする着物がよいでしょう。洋装の場合、ワンピースや少し改まったスーツなど、こちらも控えめな感じのもので。その後に控えている、入園式や入学式などでも使えるものをご用意されてはいかがですか?

スマホ向け表示